nangokuleaf

外壁塗装。それは、住宅の寿命を延ばすための大切な工事であり決してその工事にかかる費用は安くありません。
しかし、もし悪徳な塗装会社に当たり手抜きをされたらどうでしょう。
住宅の寿命はそれ程延びず大金をかけてした工事費用が無駄になります。
そこで、外壁塗装を考えている施主側の方の為に施工内容についての説明を書いていきます。
まず、初めに行われるのは塗装する箇所の高圧洗浄です。
会社によっては、高圧洗浄は半日で終わらせるところもありますが時間をかけ、丁寧にしっかりと洗ってもらいましょう。
塗料の密着を上げるための非常に大切な作業です。次に、下地処理です。
外壁には大小関わらずヒビ割れが存在しています。これは、クラックと呼ばれる劣化現象です。
これも、塗料でそのまま埋めてしまう悪徳会社が存在しますが必ず専用のものでクラックを埋めてもらいましょう。
でなければ、必ずクラックはまた出てきてしまいます。次に、シーラーです。外壁の劣化が著しい箇所はシーラーも2回塗る必要があります。
次に上塗りです。これが一番手抜きをされやすい施工項目です。
1回塗りで終わらせる所もありますが、絶対に2回塗りをしてもらいましょう。
艶を綺麗に出し、厚い丈夫な塗膜を作るための2回塗りです。

shutters
参考:施工内容 説明

関連記事


    andalusia

    外壁塗装を依頼する塗装会社にはそれぞれの会社に特有の保障が存在します。 それぞれの内容も非常に異なったものばかりで統一されているものではないのでどの会社が良い悪いという判断についてはそれぞれの保障に…