hositu

様々なタイプから自分に合うUVケア商品を見つけよう

いまでは日焼け止め商品は、街のどこでも買える身近なものなりました。
そして種類も豊富になり、色々なタイプ別のものがでてきています。

ここでは数ある日焼け止めのタイプについて特徴をお話します。

クリームタイプ
もっともベーシックなタイプの日焼け止めです。
クリームタイプは保湿効果が高いといわれています。

基本的に油分が多いので毛穴をつまらせてニキビや炎症などの肌トラブルの原因になることもあります。

ミルク(乳液)タイプ
クリームタイプに比べるとさらっとしています。
塗るときも伸びが良く肌になじみやすく、使いやすいというのが特徴です。

ミルクタイプは、顔用・全身用ともに多く商品化されています。
そして、肌にもやさしいので敏感肌の方にもおススメです。

ジェル(ローション)タイプ
伸びやすく化粧水のような質感で軽い肌触りです。
肌に塗っていても負担がもっとも少なく、とても扱いやすいのがこのタイプです。

肌にも一番やさしいのがこのタイプで、敏感肌の人でも気軽に使えます。
しかし、油分が少なく水分が多いので落ちやすく、屋外スポーツなどには向いていません。

パウダータイプ
メイクの仕上げに乗せるだけの使い勝手の良さが売りです。
肌へもやさしく落としやすいため、塗るタイプのベタっと感が苦手な方にもおススメです。

また、クリームタイプやミルクタイプの日焼け止めをつけた最後にパウダーで仕上げて、二重に対策をするという使い方もできます。

日焼け止めには手が汚れないタイプがある!

すでに紹介した日焼け止めは手が汚れるタイプです。
油分を含んだりしているものですと、ぬるぬるとして手洗いが必要だったりしますね。

せっかく手に塗っても、手を洗うことになっては意味がありません。
そこで、手を洗う必要がない手が汚れないタイプを紹介します。

スプレータイプ
手で塗るタイプとは違い、虫除けのようなシューっとひと吹きのスプレーで日焼け止め対策ができるのがこの商品です。

スプレーでムラになってしまうこともありますが、手で塗り広げる手間もなく短時間でも塗ることが可能です。
日焼け止めを嫌がるこどもにもおススメです。

サプリメント(内服)タイプ
最近、注目されているのが飲む日焼け止めです。
日焼け止めを塗る手間もなくなり、敏感肌でも関係なく服用できます。

この飲む日焼け止めには、紫外線による日焼けを軽減する作用があります。
そして、シミやシワの原因となるメラニンを抑制する働きが期待されます。

しかし、サプリメントの日焼け止めだけで完全に日焼けを予防できるわけではありません。
より良い効果は、塗るタイプの日焼け止めと、サプリメントを併用し体の外側からも内側からも紫外線を防ぐようにすることがベストいえるでしょう。

日焼け止めについて、こちらにも書いてあるので参考にしてください⇒プール ウォータープルーフ 日焼け止め

関連記事


    hiyakedome

    プール用として使うならUVカット効果が高いものを選ぶ プールではSPF値が高い商品や下地にも使えるものや、ウォータープルーフタイプなどの 商品がおすすめです。 更に、身体全体に使用するため、コスパが…


    熱帯で育つアロエはどんな疾病にも効果があるとの話をよく耳にします。 当然ですが、シミに対しても効果的ですが、 即効性はなく、一定期間つけることが必須となります。 毎日の肌ケアに化粧水を潤沢に使用してい…


    肌の乾燥がすごくひどいときには、 皮膚科の病院に行ってヒルドイドあたりの保湿剤を 処方してもらうのもいいだろうと思うんです。 通常の保湿用の化粧品とは違った、強力な保湿が期待できるのです。 目元あるい…