solar6
家庭に太陽光発電を導入する時に屋根に太陽光パネルを設置して家の外にパワーコンディショナーを設置する事になります。
そこでパワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した電気を家庭で使えるように変換していくので必ず設置しなければいけませんが、家の外に設置する事になるので稼働中に音が出てしまう可能性があります。
音の大きさによっては周囲に迷惑をかけてしまう可能性もあるので心配になっている人も少なくないでしょう。
そこで太陽光発電を導入するとパワーコンディショナーの音について見ていく事にしましょう。
太陽光発電 音

・基本的には大きな音がする
パワーコンディショナーはコンピューターなので稼動すると基本的には音が出ます。
種類によって音の大きさが異なってきますが、中には雑音のような大きな音が出てしまうパワーコンディショナーもあります。
太陽光発電を導入する時にパワーコンディショナーの音の大きさについても確認しておく方がいいでしょう。

・近隣の住民にもしっかり伝えておく
太陽光発電を導入する時にパワーコンディショナーの音が出てしまう事を伝えておく事も大切になってきます。
何も伝えないで突然雑音が聞こえるようになると近隣の住民とトラブルになる事もあるのでしっかり伝えておきましょう。

関連記事


    solar

    太陽光発電 Q&A 私たちの身の回りで、節電やエコ活動をすると、電気代がお得になり、自然の破壊や汚染を防ぐことができ、生活環境が良くなる活動をしようとする活動が増えてきました。 その活動の中で、太陽…


    Alps

    3年ほど前でしょうか。 我が家に太陽光発電の営業マンがきました。 最初は興味もなく門前払いでしたが、非常に丁寧で、こちらの気が悪くならない対応だったので話だけ聞いてみることになりました。 まず、太陽…