【清潔が一番! 毎日のケアが大切】

インプラント治療した歯にとって、日々のお口のケアはとても大事です。
自分でよく歯磨きを行う以外にも定期的な歯科医院による検診が行われない場合に
心配されるのは、やはり細菌。

歯垢がたまった状態でインプラントをつけ続けると、歯周病の原因菌が
膨大に繁殖していきます。

その結果、インプラントを支えるあごの骨部分に原因菌が入り込み
炎症を起こしたものを「インプラント周囲炎」と呼びます。

dentist-42
参考 インプラント 横浜

ひどくなるとインプラントの脱落や歯槽骨の吸収が起こる恐れがあります。
初期の段階では痛みも違和感もないことが多く、なかなか気づけません。

この病気の原因は1つだけではなく、ほかにも成人病などを含むさまざまな
要因で引き起こされるので、口内を健やかに保てるよう注意が必要です。

【こんなにある!周囲炎になる要因】

以下も、インプラント周囲炎を呼び起こす原因とされています。

〇他の歯にある歯周病の影響
〇糖尿病
〇噛み合わせの調整が充分に行われていないこと
〇喫煙

もともとの自分の歯(天然歯)には「歯根膜」や「栄養血管」があります。
インプラントにはそれらがないため、免疫力が低いことも要因のひとつです。

実際に炎症が起こると、歯ぐきが赤く腫れたり、出血が起こります。
また進行すれば歯周ポケットが深くなりぶよぶよとした不健康な状態になります。
歯肉の部分に弾力がなくなれば、インプラントを支えられません。

思いもよらぬことが原因で歯のトラブルに繋がることもあり、
まさに成人病を含む健康管理はとても大切であるといえます。

【定期的なメンテナンスを受ける】

毎日しっかり歯磨きをしているといっても、汚れは完全には取り除けません。
そこはプロに任せることをおすすめします。

インプラント治療は費用も高額です。
その後のケアは少々面倒でもしっかり行うことで、長く安心した状態を保てます。
歯科医院のクリーニングは、手の届かない細かな部分もきれいにしてくれるので
定期的に受けましょう。>>インプラント 横浜

関連記事


    治療の前に知っておきたいさまざまな病気のこと インプラントを希望する際に、身体の健康状態によっては 手術・治療を受けられない事があります。 例えばインプラントには向かないと言われる持病があると、 治療…