産後しばらくして夫婦仲が悪くなり
旦那が家にお金を入れなくなりました。

初めての子供を授かったというのに
旦那はその頃仕事がうまくいっていなかったのです。

仕事がなくなる可能性もあり精神的にも不安定・・・
給料をお酒に使うようになってしまったため働きたいと考えるようになりました。

子供を産んだ後私の身体は異常なくスムーズに元の状態に戻りました。

体重もほとんど増えず体型も完全に元に戻ってから夜の仕事で働きました。

簡単に言えばホステスの仕事です。

子供を夜間保育へ預けてからお店に行く流れをしばらく続けましたよ。

旦那が家にお金を入れてくれないなら私が働くしかなかったのです。

夜間保育は料金が高かったけど良い勉強になりました。

参考: 託児所付きの仕事

夜のお仕事と聞くと聞こえはあまり良くないのかもしれませんが、
シングルマザーの家庭や子供を託児所に預けて働く母親にとって
これほど実入りのいいお仕事ありません。

結構託児所がある夜のお仕事って多いですから。

しかも託児所さえあれば夜だって昼だって、
働こうと思えばいくらでも働けるのも嬉しいですね。

母親も子供が小さいうちだけは死にものぐるいで頑張る決心をすれば、
普通の家庭かそれ以上の収入は入るわけですから。

子供が母親の仕事を気にする年頃になったら、
そのときにはまたお仕事を替えてもいいわけです。

それよりもまずは子供と二人でも生きていくことを最優先、
現代ではいろいろな仕事もあるのでなんとかやっていけるものです。

関連記事


    簡単に子供がいても出来る仕事のイメージは、 時給が安くて条件的にも良くない・・。 仕事を折角するなら好条件が良いけど、 子供がいる自分はあまり多くを求められないという事で、 妥協する人もいます。 仕事…