私は仕事をしていて楽しいと思う時が結構あります。
なぜなら、高校生の時からなりたかった文章を書く仕事をしているからです。

小学生の頃から国語の先生から文章力を認めていただいていたので
自覚はしていないもののその道の人に褒められるくらいだから、
文を書くことを仕事にしようと思いました。

会社においても、外で記事を書くときでも、
文章を書くことが好きなので苦になりにくいのです。

さすがに難しいテーマをいくつも相手にしていると参ってきますが
自分の得意な分野(スキンケアや健康など)を書いているときは楽しいです。

文字数を満たしてしまうと少し寂しい気持ちと満足感が同時にきます。
「まだ伝えたいこと・話したいことがある」と思います。

調子がいい時は得意分野のジャンルのものは30分程度で仕上げてしまいます。
苦手なジャンルでそのジャンルについて勉強しながらだと苦戦しますし、
処理にも時間が掛かって半日~丸一日ということもよくあります。

でも、自分の得意なことを活かしている以上満足感や自尊心が満たされるので
今の仕事に就いたことを後悔していません。

10年前、いや5年前だって、まさか記事を書くことがこんなに普通の仕事になるとは、
確かに作家や記者は記事を書くことが仕事だから珍しくありません。

でも今のように普通の素人でも主婦でも、普通に書いた文章がお金になるのですから、
母子家庭の自分にとってはありがたい時代になったものだと感謝しています。

詳しくはコチラ⇒母子家庭 求人

関連記事


    「年上の男性はバツイチがモテる」という噂があることをご存知でしょうか? 結婚適齢期の女性の間で、「初婚の男性よりも、バツイチの男性の方が家庭を大事にしてくれる」と言われていることからきています。 初婚…